お知らせ

NEWS-お知らせ-

【プレスリリース】経済産業省「GXリーグ」へ参画

経済産業省「GXリーグ」へ参画
~ カーボンニュートラル移行へ向け2024年度より新規参画 ~

2024年4月10日
日本エネルギー総合システム株式会社
RE100電力株式会社

 日本エネルギー総合システム株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:黒淵 誠二、以下「JPN」)とRE100電力株式会社(本社:東京都中央区、CEO:黒淵 誠二、以下「RE100電力」)は、経済産業省が主催する「GXリーグ」※1へ2024年度より新規参画したことをお知らせします。※2



 「GXリーグ」は、2050年カーボンニュートラルへの移行と社会変革を見据えて、現在から未来社会における持続的な成長実現を目指す産官学協働の企業群がGX(グリーントランスフォーメーション)を牽引する枠組みとして、経済産業省の主導で2023年度より活動を開始しました。

 JPNとRE100電力は、これまで環境負荷低減および持続可能な脱炭素社会の実現を目的に、再生可能エネルギーの普及や利用促進に関する様々な事業を展開しています。これらの取り組みはGXリーグの趣旨と合致するものであり、このたびの参画を決定しました。今後各社は排出量取引制度(GX-ETS)のフェーズ1にて中間目標の策定や長期的目標達成のため、引き続き事業構築と協働支援を加速させます。


<各社のGXへ向けた取り組み>
■ JPN
再エネユーザーに対し太陽光発電設備の導入や電力供給など、法人・個人問わず事業活動を通じた取り組みを実施してまいりました。GXリーグへの参画により、発電所や蓄電所をはじめとした再エネ自主電源の確保や設備運用に対する知見と技術の蓄積を深化させ、社会へと還元できる事業体制の整備を進めます。

■ RE100電力
再エネ導入支援をはじめ、実質再エネ100%電力の供給やカーボン・オフセット関連事業として、J-クレジットの創出支援や非化石証書の調達代行を行ってきました。GXリーグへの参画により再生可能エネルギー100%の社会実現へ向けて、ステークホルダーと共に主体的な協働事業を展開していきます。



※1.GXリーグ公式Webサイト(https://gx-league.go.jp
※2.経済産業省『GXリーグに2024年度から新たに179者が参画し、合計747者となります』(https://www.meti.go.jp/press/2023/03/20240327003/20240327003.html



以上




【プレスリリース】超ローコスト住宅「さくら夢ハウス」 県内3店舗目の旗艦店オープン

超ローコスト住宅「さくら夢ハウス」 県内3店舗目の旗艦店オープン
〜香川県内の新築販売棟数強化を目指す〜

2024年3月9日
日本エネルギー総合システム株式会社

 
日本エネルギー総合システム株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:黒淵 誠二、以下、「当社」)が運営するローコスト住宅ブランド「さくら夢ハウス」は、2024年3月9日(土)に香川県内で3店舗目となる大型旗艦店「さくら夢ハウス東店」をグランドオープンいたします。香川県内での新築販売棟数強化を目指します。



◾️さくら夢ハウスについて
さくら夢ハウスは「768万円からの家づくり 低価格で高品質な家」をコンセプトにしたローコスト注文住宅ブランドです。月々の支払いを無理のない返済で家づくりを行うことで、入居後の余裕のある暮らしをご提案、ローコストかつ災害にも強く、安心して長く暮らせる家づくりを目指しています。効率的な仕入れ・協力体制と徹底的なコスト管理を行い高品質かつ低価格な住宅の提供を実現しています。


◾️出店エリア拡充の背景
さくら夢ハウスは2016年より販売を開始し、香川県内を中心に棟数を伸ばしてまいりました。昨今の新築価格を含む物価高騰により、住宅購入を検討しているお客様からは価格を抑えた住宅のニーズが年々増加傾向にあります。また、近年地震など自然災害が頻発していることから災害に強い家づくりが求められています。こうしたお客様のさまざまなニーズにお応えするべく新たな事業拠点の開設に至りました。今回東讃エリアに新たに拠点を構えることでお客様に寄り添ったサービスの拡充と更なるシェア拡大を目指してまいります。


◾️日本エネルギー総合システム株式会社について
日本エネルギー総合システムは、2013年の設立とともに、再生可能エネルギー事業と住宅事業をスタート。住宅事業では2016年からローコスト注文住宅ブランド「さくら夢ハウス」を設立し香川県をメインエリアとして展開。


【会社概要】
会社名:日本エネルギー総合システム株式会社
本社所在地:香川県高松市林町1964-1
代表者:代表取締役 黒淵 誠二
設立日:2013年5月7日
資本金:1億円
事業概要:再生可能エネルギー事業、住宅事業、新電力事業 など
URL:https://www.jpn-energy.jp/



報道関係の方のお問い合わせ先
日本エネルギー総合システム株式会社
経営戦略部:電話 087(813)5908




【プレスリリース】系統用蓄電池事業の第1号案件を2024年に運転開始

系統用蓄電池事業の第1号案件を2024年に運転開始
~総容量約8MWh規模の蓄電所を開発~

2023年10月11日
日本エネルギー総合システム株式会社

 日本エネルギー総合システム株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:黒淵誠二、以下「JPN」)は、鹿児島県の「霧島蓄電池ステーション」にて系統用蓄電池事業として第1号案件の開発を実施いたします。


蓄電所イメージ

 本事業は、鹿児島県霧島市にて系統用蓄電池を取りまとめた総容量約8MWh規模の蓄電所を、2024年3月の運転開始へ向けて開発、運用する取り組みです。蓄電設備にはJPNの自社蓄電池ブランドJPN ENERGY BATTERY(略称「JEB」)※1の水冷式蓄電池システムの採用を予定しています。一連の事業においてJPNは蓄電所の開発およびメンテナンスを行い、グループ会社のRE100電力株式会社(以下、「RE100電力」)が、AIを活用したEMSにより蓄電池の充放電制御をはじめとしたアグリゲーション業務を担います。加えて、当該蓄電所の電力は卸電力市場をはじめ需給調整市場、容量市場といった異なる市場取引を組み合わせて運用することで、事業の収益最大化を図ります。

 昨今、再生可能エネルギーの需要が高まるなかで、電力系統の安定化が期待できる系統用蓄電池の重要性は増すばかりです。本事業において、JPNとRE100電力は蓄電所開発による調整力の創出に加え、「令和4年度再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」※2で培ったノウハウをもとに、蓄電所運用を通して実用的ビジネスモデルの展開やアグリゲーション技術の向上、事業の拡大に取り組みます。

※1.JPN ENERGY BATTERYサイト(https://jeb.jpn-energy.jp/
※2.「令和4年度再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」 における成果報告のお知らせ(https://www.jpn-energy.jp/news/entry-430.html

<参考資料>
蓄電所概要



予定配置図


事業名称 霧島蓄電池ステーション
所在地 鹿児島県霧島市
定格出力 1.99MW
定格容量 8.256MWh
電池方式 リン酸鉄リチウムイオン電池
運転開始日 2024年3月(予定)
取引市場 卸電力市場、需給調整市場、容量市場

以上




【プレスリリース】持株会社を通じ、太陽光発電所の買い取り資金を調達

持株会社を通じ、太陽光発電所の買い取り資金を調達
~ 迅速かつ安心な取引の実現と、再エネシェアの拡大に貢献 ~

2023年8月31日
日本エネルギー総合システム株式会社

日本エネルギー総合システム株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:黒淵 誠二)と、その子会社で中古太陽光発電所買取専門会社の株式会社BIG SUN(本社:香川県高松市、代表取締役:黒淵 誠二)は、固定価格買取制度(FIT制度)に基づく国内太陽光発電所の買い取り資金の確保を目的として、持株会社であるフソウホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:角 尚宣)を通じて、株式会社みずほ銀行と株式会社中国銀行から極度額合計55億円の特別当座貸越契約を締結しました。

BIG SUNでは2019年より太陽光発電所の買い取りを行っており、多くの実績を有しています。太陽光発電所のセカンダリー市場において、設備の瑕疵や取り引きにおける信用上の不安といった課題にも、経験豊富な太陽光発電のプロフェッショナルが専門的な設備査定を行い、市場での適正価格も明確に提示することにより解消してまいりました。
この度の契約締結により、資金の側面においても迅速な買い取りを可能とし、社会基盤としての太陽光発電所の普及・流動化を促進します。

当社はこの資金確保を通じて太陽光発電所の安心・安全な取り引きを実現し流動性を高め、再生可能エネルギーのさらなる拡大を通じ、環境・社会の持続的な成長・発展に貢献します。

【特別当座貸越契約の概要】
契約締結先株式会社みずほ銀行株式会社中国銀行
借入極度額30億円25億円
契約期間2023年8月~2024年7月
担保の有無無し
資金使途太陽光発電所の買い取りに係る立替資金

【日本エネルギー総合システム株式会社 会社概要】
本社所在地:香川県高松市林町1964-1
代表者:代表取締役 黒淵 誠二
資本金:1億円

【株式会社BIG SUN 会社概要】
本社所在地:香川県高松市林町2536-1
代表者:代表取締役 黒淵 誠二
資本金:1億3千万円
Webサイト:https://bigsun-energy.jp/

報道関係の方のお問い合わせ先
日本エネルギー総合システム株式会社
経営戦略部:電話 087(813)5908




【プレスリリース】収益最大化を図る「蓄電設備併設型太陽光発電所」を新設

FIP移行と蓄電池導入支援の補助金事収益最大化を図る「蓄電設備併設型太陽光発電所」を新設
~ 合計出力1MW、蓄電池容量約3MWh規模 ~


2023年7月24日
日本エネルギー総合システム株式会社

 日本エネルギー総合システム株式会社(以下、JPN)は、四国電力管内にて蓄電設備併設型太陽光発電所を建設いたします。新設する発電所は計5ヶ所で、合計出力約1MW(AC)、蓄電池容量約3MWhです。発電した電気は昼間に蓄電し、夕方から夜間にかけて放電することにより、需給調整市場やJEPX等での複合的な市場取引で収益の最大化を図ります。また、当該の発電所は経済産業省が実施する「再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」※1の採択事業にて、FIP制度下での運用を想定した検証に活用予定です。グループ会社のRE100電力株式会社※2がアグリゲーターとして、新しい管理手法の確立に取り組みます。

 JPNは、今後も蓄電池を用いた発電所や非FIT・FIP発電所の開発を拡大し、再生可能エネルギーの普及・拡大、脱炭素社会の実現に貢献するとともに、事業性のある再エネビジネスの構築および提案を推進してまいります。

※1.「令和5年度再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」採択のお知らせ(https://www.jpn-energy.jp/news/entry-432.html
※2. RE100電力株式会社(https://www.re100-denryoku.jp/



<発電所概要>



以上